2011年10月26日

株価チャートをダイタンにぃ

したっけ株価チャートなんぞに纏わる講釈てーのをこのへんにすっかね、とカノ先生はおっしゃった。
あたしゃ、ホンマのところ株価チャートのセンセがおりますて、もーかれこれ1年近く、習ってる身なんでござんすぅ。
株価チャートっと申しましても、いったいぜんたいドンナモン?とお尋ねになられる御方々もいらっしゃるとは存じますものの、ツーレーも漏れず、てくにか〜るの指標なんぞをこねくり回してリクツっぽな展開を繰り広げるソレでごんすな。
いたいけな株価チャートにタムロする面々等もいっかいこっきりでええのんで、講義を受けてみんしゃいと想ふばかりなり。どんだけ株価チャートがオクブカイもんであるかぁがわかろうもん。
いろぉんな株価チャートのそーした指標があれども、もちのろん未だかつて全戦全勝のロジックを持つソレは観覧したこともなし。あれば是非ともに診せて頂きたくござそーろー。
にゃんともビミョ〜なブログと相成りましたが、想いなどは至って常日頃のアタシでござんすから、そのへんはよろ。
株価チャートにグイッグイ惹かれども、それを活用してエラク儲けている御仁はこのワールドにごくごく少数であることを心しておくがよいぃ。数にして5%の輩が圧倒的に勝ち誇って、我ら庶民が負け組の構図は歴史的に観てもその通りのコンコンチキであろう。
だからして、株価チャートのセンセの講義なんぞを黙して受講すべきであって、そぅした積み重ねつーのんが最強のトレ〜ダーへの成長要素となりえることはゆーまでもナッシング。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。